太閤立志伝2 太閤立志伝II 

 ハンドブック紹介

 

   太閤立志伝U ハンドブック(商品購入ページへのリンク)  


_
基本データと本書の構成

基本データ
初版発行 1995年7月14日
ページ数 192 定価 2000円
執筆 関根博寿、稲葉義明、光栄出版部
イラスト なし
総合評価 ★★★
理解度 ・未プレイ
参考資料 ・「ハイパーガイドブック」
備考 _

本書の構成
見出し タイトル ページ 内容
目次 2〜3 _
カラーグラビア 4〜9 秀吉、光秀、勝家関連年表
本書の使い方 10 本書の概要
序章 スタートアップガイド 11〜48 キャラクターメイキング
基本データ
名言・迷言集
第一章 主命達成のノウハウ 49〜81 主命解説
第二章 合戦マスターへのABC 83〜112 戦闘解説
第三章 時流を創るテクニック 113〜124 文化人紹介
名言・迷言集
第四章 城主・大名のプランニング 125〜153 ゲームクリアに向けて
第五章 メインデータ総覧 155〜190 武将、アイテムデータ紹介
コラム 各所 名言・迷言集
*( )付きの「タイトル」は、目次に掲載されていないものを
  便宜的に本項で補ったものである
_
_
カラーグラビア

タイトル ページ 備考
陽気な英雄児 木下藤吉郎 4〜5 関連年表・ゲーム画面紹介
文武兼備の切札 明智光秀 6〜7 関連年表・ゲーム画面紹介
武勇絶倫の副将 柴田勝家 8〜9 関連年表・ゲーム画面紹介
_
_
序章 スタートアップガイド

タイトル ページ 副題
11 _
キャラメイクのポイント 12〜15 スタートダッシュで差をつけろ
勝利へのベーシック 16〜21 信長サマに天下を取らせろっ!
戦国タウンガイド 22〜27 生きた情報は町で探せ!
ニッポンの歩き方 28〜31 地の利を知る者は天の時を得る
殿様Who'S Who? 32〜47 _
地方別城分布一覧 48 _
_
第一章 主命達成のノウハウ

タイトル ページ 副題
49 _
主命達成のスタンダード 50〜65 仕事のノウハウを蓄積せよ
スキルアップのポイント 68〜71 明日のために特訓せよ
配下武将活用テクニック 72〜76 仲間のタレントを生かせ
歴史イベント解説 76〜91 _
_
第二章 合戦マスターへのABC

タイトル ページ 副題
83 _
合戦マスターの基礎知識 84〜87 戦いで成果を上げるために
勲功トップの方程式 88〜89 合戦で信頼度を獲得せよ
攻城戦ア・ラ・カルト 90〜97 城攻めのコツを身につけろ
野戦の基礎知識 98〜99 2つのモードを自在にこなせ!
野戦ア・ラ・カルト 100〜103 短い時間で効率よく勝利すべし
個人戦のノウハウ 104〜105 命がけの真剣勝負に挑むには
総大将の心得 106〜109 出陣前になすべきことなせ
波状攻撃の勧め 110〜112 一度の出陣で最大の戦果を挙げよ
_
_
第三章 時流を創るテクニック

タイトル 副題
113 _
秀吉流コネの作り方 114〜117 人脈パワーで優位に立とう
戦国アーティスト一覧 118〜123 _
城主の性格を見抜け 124 _
_
_
第四章 城主・大名のプランニング

タイトル 副題
125 _
城主拝命の布石 126〜127 最終目標を考えた戦略を立てろ
主命達成への陣容整備 128〜134 評定で国盗りの態勢を整えよ
国主の基本戦略 138〜139 _敵の動きを封じる作戦を立てよ
大名の基本戦略 140〜143 _最終目標に向けてチャンスを窺え
一流大名の施策とは 144〜149 _コントロールする範囲を限定せよ
天下人へのマイルストーン 150〜153 _3つの勝利条件から選択せよ
_
_
第五章 メインデータ総覧

タイトル ページ
155
太閤立志伝U武将一覧 156〜179
アイテムデータ一覧 180〜185
城コマンド一覧 186〜188
町コマンド一覧 189〜190
_
_
コラム

タイトル ページ 備考
亡国の御曹司たち 47 浪人として登場する血縁武将
好敵手打倒テクニック 66〜67 ライバルとの主命争いについて
他家へ仕官してみよう 82 お勧めの仕官先
赤ひげと新武将 123 新武将作成について
特殊な主命を達成せよ
136〜137 主命「茶会」と「築城」
(本項は目次に記載がない)
光秀・勝家でプレイしよう 154 クリア特典
_
_
総合評価 ★★★

 本書は、ページのすべてをゲームの攻略情報に費やしている。そのため、『太閤立志伝U』というゲームの攻略についての情報は綿密であるが、読み物としての面白さには欠ける。

 しかし、それでもクリア後特典として追加される主人公や、織田家以外の大名の情報、武将のマスクデータなど、本書ではフォローしきれていない情報が多いのも事実である。
_

 ページの最上段に戻る                             シリーズ一覧へ 
_