ハンドブック紹介

 

_
   毛利元就 ハンドブック(商品購入ページへのリンク)  
_
_
基本データ

基本データ
初版発行 1997年7月25日
ページ数   160   定価  1800円
執筆 ・神代八景
・稲葉義明
・溝部靖
・光栄出版部
イラスト _
総合評価 ★★★
理解度 ・SS版クリア済み
参考資料 ・「ハイパーガイドブック
_
_
本書の構成

ページ タイトル
1 ・総扉
2~3 ・目次
・この本の使用法
4~12 巻頭企画
13~35 第壱部 毛利元就・誓いの三矢のすべて
36 歴史コラム1
37~47 第弐部 元就居城・吉田郡山城のすべて
48 歴史コラム2
49~109 第三部 元就戦記・戦場のすべて
110 歴史コラム3
111~132 第四部 毛利軍団・部隊特性のすべて
133~134 歴史コラム4
135~153 第五部 情報総覧・データのすべて
154~159 ・索引
160 ・奥付
・(注釈



●備考

 各項のリンクは、その詳細解説のページにつながる。また、各項のタイトル部分のリンクは、上述の表に戻るためのリンクである。なお、目次に掲載されていない項目については、( )をつけて便宜的な区分とした。
_
_
構成比率
内容 頁数 比率 主な構成要素
攻略 60 37% 第三部
データ 39 24% 第四部第五部
ストーリー 22 12% 第壱部
その他 15 9% ・目次、扉、巻頭企画、索引
読み物 14 8% 歴史コラム
施設紹介 10 6% 第弐部
合計 160 96% _



●備考

 小数点未満は切り捨てたため、「比率」の合計は100%にならない。「英傑伝」シリーズ特有の「攻略」ページの多さは健在である。 『三国英傑伝ハンドブック』、『三國志孔明伝ハンドブック』とシリーズを重ねるにつれ、ページ数は減少しているが、「攻略」は今までよりも密度が高く、有用なものとなっている。
_
_
総合評価 ★★★

 毛利元就という素材自体がマイナー気味なこともあり、歴史的背景に関する記述は興味深く読める。さらに、攻略面においても、戦場内の隠しアイテム、敵援軍、仲間に出来る武将などの情報があり、これらは非常に有用である。また、データ面も煩雑ではあるが、特に武器データは利用価値が高いと思われる。

 また、本作は、これまでの「英傑伝シリーズ」とは違い、PC版とCS版でほとんど相違がない。そのため、本書はCS版の攻略にも適用でき、CS版の「ハイパーガイドブック」の情報もPC版に適用することができる。これは、今までにない利点であると言える。

 問題点としては、戦闘前後の自由行動中のイベントについて、ほとんど触れられていない点が挙げられる。また、それに関連して、戦場以外の場所で仲間になる武将の情報がほとんどないことも物足りない。これについては、「ハイパーガイドブック」もほとんど同様である。

 さらに、 ゲーム面の情報に限ってみた場合、本書はページ数が少ない「ハイパーガイドブック」に情報量と見易さの面で劣っている面がある。特に職人を雇う方法や材料の情報などは、「ハイパーガイドブック」にしか掲載されていない。とは言え、前述のとおり、歴史的背景に関する記述は本書の方が詳しいため、総合的に見れば一長一短であると思われる。
_
_
 ページの最上段に戻る                             シリーズ一覧へ
_