_ _
●本項の概要

本項には、『戦国夢幻』の基本的なゲームの進め方をまとめた。よほど強大な勢力でゲームをプレイしない限り、どの勢力でプレイしても、この流れは変わらないはずである。

ゲームをはじめる」は、シナリオ、大名、設定の選択、「開始直後の行動」は、初手で行っておくべきことを取り扱っている。以降は、「不穏」によって城を1つ取るまでを「序盤の戦略」、「不穏」の通用しない勢力を実力で打倒できるようになるまでを「中盤の戦略」、10以上の城を保有し、同等の勢力と戦うまでを「終盤の戦略」に分類した。

自勢力が最強となり、敵城の攻略に苦労することがなくなったら、あとは「クリアに向けて」敵城を1つ1つ落としていくだけである。この手のゲームでは良くあることと思われるが、『戦国夢幻』においても、見た目の進展具合よりも遥かに早い段階でゲームは佳境を迎えてしまう。『戦国夢幻』には100の城が存在するが、おそらくは30も城を取れば、後は消化試合である。

また、これらとは別の流れとして、国力や人材に乏しい「弱小勢力の場合」でプレイする場合の初期戦略をまとめた。もっとも、例え初期の状態が貧弱であったとしても、初期の状況を脱すれば、後は他の勢力と変わることなくゲームを進めていくことができるはずである。
_
_
ゲームをはじめる
 ●シナリオの選択
 ●勢力の選択

 ●設定の変更
開始直後の行動
 ●情報の確認
 戦略の決定
 資源の集中
 税率の変更
 ●知行の設定
序盤の戦略

 「工作」
 ●「交流」と「登用」

 ●「内政」
 ●敵城攻略
 ●戦後処理
 ●占領後の政策
中盤の戦略

 「不穏」の限界
 ●軍備と人材の増強
 ●情報の確認
 ●野戦
 攻城戦
終盤の戦略

 ●列強勢力との戦い
 ●経済力の確保
 「大筒」の活用
 ●「動員」の活用
 「本隊」と「一揆」
 「本隊」と「不穏」
 決戦を挑む
クリアに向けて

 ●後半戦を越えて
 ●武力統一
 ●同盟統一
 ●天下布武
弱小勢力の場合
 ●弱小勢力
 ●工作要員の確保
 ●知行と家臣
 ●婚姻による同盟

 ●「微税」と「動員」
_