_
概要

戦国夢幻』は、2001年5月31日にバンプレストから発売されたプレイステーション専用の戦略級シミュレーションゲームである。最大の特色としては、ゲームの大半がリアルタイムで進展することが挙げられる。プレイヤーは、日本の戦国時代を舞台とした6つのシナリオから1つの勢力を選び、3つある勝利条件のいずれかの達成を目指すことになる。
_
_
入手方法

2011年7月6日よりゲームアーカイブスで購入が可能となった。価格は600円であり、後述する中古商品の購入よりも、安価かつ確実である。また、プレイステーションのソフトを入手しようとする場合は、Amazonなどのインターネットショップを通じて購入するのがもっとも容易である。

一方、店舗で中古品を購入する場合は、ブックオフなどでは1500円前後で販売されているのを見かける。ちなみに、本稿の攻略はプレイステーション版を使用している。アーカイブス版で何らかの変更があった場合、その変更箇所には対応していないことをあらかじめお断りしておく。

プレイステーション実機で『戦国夢幻』をプレイする場合、セーブデータ1つに対して「7」のメモリーカードの容量が必要になる。つまり、1枚のメモリーカードに2つのセーブデータを作ると、それだけでメモリーカードが埋まってしまう計算になる。そのため、プレイステーション実機でプレイする場合は、できれば専用のメモリーカードを用意したい。
_
_
攻略本について

ケイブンシャの「プレイステーション必勝法スペシャル」シリーズから攻略本が刊行されている。おそらくは、これが唯一の『戦国夢幻』の攻略本である。奥付によれば、初版の発行は平成13年7月10日、定価は1500円であるが、もはや新品を手に入れることはできないと思われるため、現在となってはあまり意味がない。

主な内容は、各シナリオごとの大名一覧、各コマンド解説、全大名家の紹介と有力大名の攻略法、有名武将の列伝、全武将および城のデータ、イベントの発生条件などである。さらに、ゲームだけでは確認することのできない功績値の取得確率身分と能力の関係各兵科の戦闘力、開墾に影響を与える「開発値」の概念などのデータも充実している。

また、コラムとしてシナリオ1の姉小路家、シナリオ5の真田家の攻略法、辞世の句集、戦国期における南北朝名家の動向などもあり、読み物としてもなかなか面白い。ただし、後述するように、システムの解説やデータの一部に間違いがあるため、全面的に信用することはできない。

なお、この攻略本のタイトルは「プレイステーション必勝法スペシャル」というレーベルの『戦国夢幻』である。しかし、ソースを記載する際に『プレイステーション必勝法スペシャル・戦国夢幻』と表記すると長くなりすぎるし、『戦国夢幻』と表記すると、ゲームソフトのタイトルと区別することができない。そのため、本稿では、この本を原則的に『攻略本』と表記している。
_
_
攻略本の問題点

攻略本」の内容には、気づいただけでも「税率によって人気が下る(22ページ。実際には税率に応じた基準値に近づくため、基準値以下の場合は上がる)」、「税率が『商業』に影響する(39ページなど。実際には無関係)」といった誤りがある。また、134~195ページの「武将データベース」にも誤記があり、記述を完全に信用するのも考えものである。

さらに「武将データベース」には、浪人として登場する武将の所属が、その城を領有している勢力名になっているという問題点がある。つまり、1561年に岡崎城の浪人として登場する板倉勝重の所属欄が、シナリオ1では今川家、シナリオ2では松平家になっており、武将の「登場年」を確認していないと、その勢力に所属しているように見えてしまうということである。
_