補足

太字で示された出来事が「120回本」で追加された部分である。なお、「宣和5(1123)年」の次も「宣和5(1123)年」になっているが、これは誤りではない。「100回本」では、宣和4(1122)年の冬に旧梁山泊軍が遼を降伏させたのち、宣和5(1123)年1月から方臘との戦いに向かっているが、「120回本」でも、この時系列を変えていないため、結果として「宣和5(1123)年」が2回来ていることになっているのである。

ちなみに、深く考えずに読んでいくと、120回本での田虎討伐から方臘討伐までの間に具体的な年と月の描写が出てくるのは、第101回の王慶討伐を命じる詔書の日付の「宣和5年4月」、第119回の方臘討伐を終えた宋江の上表分の「宣和5年9月」だけなので、違和感はあまりなくなっている。

 月日   回数  内容
 嘉祐3(1058)年  
 1月   引首  疫病が流行する 
 3月3日  1  仁宗、詔を降し、洪信を龍虎山に遣わす
 補足 2  洪信、一百八星の封印を解く
 政和2(1112)年
 補足  2  高俅、殿帥府太尉となる
 補足  2  王進、高俅に睨まれて出奔、史進に武術を教える
 6月3日 24  王婆、陽穀県の紫石街で茶店を開店する
 政和3(1113)年
 6月中旬 2  史進、李吉から少華山の賊のことを聞き出し、備えを固める
 8月15日 3  史進、都頭らを殺し、華陰県から逃走する
 補足  3  史進、華陰県から逃走、魯達と出会う
 補足  3  魯達、鎮関西を殺して逃走、出家して魯智深を名乗る
 10月 4  魯智深、五台山で狼藉を働く
 政和4(1114)年
 2月 4  魯智深、再び五台山で狼藉を働き、追放される
 3月28日 7  魯智深、林冲と出会う。高衙内、林冲夫人を襲う
 6月 8  林冲、滄州に流刑となる
 冬 10  陸謙、李小二の店で林冲抹殺の陰謀を巡らす
 補足   10  林冲、陸謙らを殺し、滄州から逃走、梁山泊に入山する
 補足  12  楊志、牛二を殺し、北京大名府に流刑となる
 政和5(1115)年 
 2月9日 12  楊志、北京大名府に到着、梁世傑に取り立てられる
 5月5日 13  梁世傑、蔡夫人と生辰網の相談をする
 5月上旬 15  呉用、阮氏三兄弟と接触するため、東渓村を出る
 5月中旬 16  楊志、生辰綱の輸送任務に就く
 6月3日 18  晁蓋一行、安楽村に宿泊
 6月4日 16  生辰綱強奪事件。楊志逃走
 補足   19  生辰綱強奪事件が露見、晁蓋、梁山泊に逃走
 補足  19  林冲、王倫を殺害、晁蓋が梁山泊の頭領となる
 補足  20  晁蓋、劉唐を遣わし、宋江に謝礼を届ける
 8月中旬 20  宋江、閻婆惜を殺す
 10月 23  武松、景陽岡の虎を退治する
 11月 24  藩金漣、武松を誘うが拒絶される
 政和6(1116)年
 1月上旬 26  武松、金品護送の任務を果たし、東京を出立する
 1月13日 26  鄆哥、西門慶をたずねる途中で王婆に叩きのめされる
 1月22日 26  何九叔、武大の遺体を検分する
 2月  101  王慶、童貫の養女嬌秀と密通する
 3月  103  范全が公用のため東京に来訪、王慶の家に泊まる
 補足   102  王慶、嬌秀との密通が露見し、陝州の牢城に流される
 6月上旬 27  武松、孟州に流刑となる
 7月  29  武松、蒋忠を打ち倒し、施恩のもてなしに報いる
 8月15日 30  武松、鴛鴦楼で冤罪をかけられ、張都監に捕らえられる
 10月中旬 31  鴛鴦楼の虐殺事件。武松逃走
 10月下旬 103  王慶、陝州の牢城から脱獄する
 11月 32  武松、白虎山の麓で孔兄弟と争う
 補足 32  宋江、花栄の庇護を求めて青州の清風塞に旅立つ
 12月上旬 32  宋江、燕順らに捕らえられる
 12月8日 32  王英、劉高夫人を捕らえる
 政和7(1117)年
 1月15日 33  上元節。宋江が劉高夫人に捕らえられる
 補足   35  宋江、故郷に帰り出頭する
 5月 39  宋江、流刑先の江州路に到着する
 補足  39  宋江、叛意を表した詩を記して再逮捕される
 6月 39  戴宗、朱貴の酒場に立ち寄り、毒酒を飲まされる
 補足 40  戴宗らの工作が露見、梁山泊軍、宋江らを救出する
 7月30日   41  梁山泊軍、無為軍を襲撃する
 9月下旬 44  王押司の二回忌。潘巧雲、裴如海と出会う
 11月中旬 45  石秀、潘巧雲の浮気に気付く
  補足   45  石秀と楊雄、潘巧雲を殺して梁山泊に合流、梁山泊と祝家荘の抗争
 政和8(1118)年
 7月15日 51  盂蘭盆大齋。宋江、李逵に小衙内を殺させ、朱仝に罪を着せる
 補足   52  梁山泊軍、高唐州に侵攻、高廉を殺し、柴進を救出する 
 冬 55  呼延灼、梁山泊に侵攻する
 補足  57  梁山泊軍、呼延灼を破り、青州を襲撃、青州の諸勢力を併合する 
 宣和元(1119)年        
 2月中旬 59  梁山泊軍、史進と魯智深救出のため、華州を偵察する
 2月  103  王慶、定山堡で段兄弟と争う
 2月22日  104  王慶と段三娘が結婚する
 補足   60  梁山泊、曾頭市に敗北、晁蓋が戦死する
 5月 61  盧俊義、呉用に騙され、北京を出る
 8月中旬 62  盧俊義 、梁山泊を出る
 年内  105  王慶、房州を占領する
 補足   62  盧俊義、北京に捕らえられ、梁山泊軍が北京を包囲する 
 宣和2(1120)年         
 1月上旬  66  呉用、梁山泊の頭領を大名府に忍び込ませる
 1月13日 66  北京に侵入した梁山泊頭領が顔を合わせる
 1月14日 66  梁世傑、李成に巡視を命じる
 1月15日 66  上元節。梁山泊軍、北京を襲撃、盧俊義を救出する
 補足  68  梁山泊、曾頭市を滅ぼす
 3月1日 69  梁山泊、東平府および東昌府を攻撃する
 3月29日 69  史進、東平府の獄中から蜂起する
 補足  69  梁山泊、東平府、東昌府を襲撃し、頭領を宋江に定める
 4月1日 71  梁山泊大集会により、各頭領の最終的な割り当てを決める
 4月15日 71  公孫勝、忠義堂にて羅天大醮の儀式を行う
 9月9日 71  梁山泊にて「菊花之會」を開く
 12月下旬 71  梁山泊、莱州から開封府に向かう途中の一団から燈籠を買い取る
 宣和3(1121)年      
 1月11日 72  宋江と柴進、万寿門外の宿屋で今後の打ち合わせをする
 1月14日 72  宋江、開封府に侵入
 1月15日 72  上元節。宋江、李師師と接触
 3月24日 73  燕青、泰安州で行われる相撲大会に向かう
 3月28日  74  燕青、泰安州の相撲大会に優勝する
 4月 86  梁山泊、宋からの招安を拒絶する
 補足    76  梁山泊軍、童貫、高俅の軍に勝利する
 冬 80  高俅、3度目の梁山泊侵攻の準備を追える
 11月中旬 80  高俅、3度目の梁山泊侵攻開始
 宣和4(1122)年      
 1月   81  聞煥章、宿元景当てに梁山泊を擁護する書簡を記す
 2月 82  梁山泊、招安に応じる
 3月3日 82  宋江、招安受諾に伴い、10日間の市を開催する
 3月13日 82  宋江、10日間の市を終え、梁山泊を出立する
 補足   83  旧梁山泊軍、遼に侵攻する
 7月中旬  85  遼、旧梁山泊軍の引き抜きに失敗、覇州を占拠される 
 9月下旬 87  遼軍、宋軍に決戦の意図を伝える
 冬 89  宋、遼と講和する
 冬  98  瓊英、夢の中で張清と出会う
 12月30日  93  遼との戦いで負傷した張清と彼を看護していた安道全が復帰する
 宣和5(1123)年       
 1月1日  93  宋江、蓋州より朝賀の礼を取る。唐斌、関勝に内通する 
 1月6日 94  蓋州の陽城県と泌水県が田虎から離反、旧梁山泊軍に投降する
 2月8日  95  「五龍山の戦い」。宋江、喬道清率いる田虎軍を破る
 2月下旬  98  「五陰山の戦い」。宋江、鄔梨率いる田虎軍に辛勝する
 3月16日  98  張清と瓊英が結婚する
 3月下旬  99  「汾陽の戦い」。盧俊義、馬霊率いる田虎軍を破る
 4月上旬  99  「太原の戦い」。李俊、水計によって太原城を占領する
 補足   99  旧梁山泊軍、田虎を捕らえ、凱旋する
 4月 101  宋江、王慶討伐の勅令を受ける
 5月5日 101  宋江、宴を開き、諸将の功をねぎらう
 7月中旬  105  「方城山の戦い」。宋江、劉敏率いる王慶軍を破る
 8月上旬  105  「宛州の戦い」。宋江、劉敏率いる王慶軍を破り、宛州城を占領する
 8月中旬  106  「襄水の戦い」。李俊、段二率いる王慶軍を破る
 秋  108  先日の「伊闕山の戦い」ではぐれた楊志らが本隊と合流する
 11月  109  王慶、李俊らに捕らえられる
 補足  109  旧梁山泊軍、王慶を捕らえ、凱旋する
 宣和5(1123)年      
 1月1日 110  宋江と盧俊義、徽宗に拝謁する
 1月7日 111  呉成、葉貴の命により、方貌と接触するため、長江を渡る
 1月15日 110  上元節。燕青と楽和が開封府の見物を相談する
 補足  110  旧梁山泊軍、方臘領に侵攻する 
 1月 111  張順と柴進が瓜州、阮小七と石秀が焦山に偵察に向かう
 4月末 116  徽宗、旧梁山泊軍の戦功に報いて恩賞を施す
 8月15日 119  魯智深没
 9月20日 119  宋軍、方臘を捕らえて東京に戻る
 補足  119  旧梁山泊の生存者、徽宗より恩賞を賜る  
 宣和6(1124)年      
 4月上旬 120  宋江没