先頭
 「ガラスの王国」で自軍のボールが1体でも残っていれば手に入れる事ができる。その苦労の割には泣けてくるほど弱いから困る。
 
 
 『F完結編パーフェクトガイド』、252ページ。
 
 
  「カンオケ」の名に恥じない性能を見せる地球連邦軍唯一のMA。唯一の武器であるキャノン砲の威力は低く、単体での攻撃は蚊に刺された程度ぐらいにしか感じないはず。大量に生産して数で対応しよう。
 
 
 『ギレンの野望ジオン独立戦争記』、158ページ。「カンオケ」は不確定名のこと。
 
 
 ガンタンクの砲塔部分が浮かんでいるわけで、威力も命中率もいわずもがな。耐久力もない。浮かぶ棺桶といえるかも。
 
 
 『第4次スーパーガイド』、117ページ。
     
 
  ガンタンクを超える最弱ユニット。それがこのボールだ。原作でもその名の通りにジオンのMSに蹴られたりとその活躍(?)を存分に見せつけてくれていた。まさに蹴られても、踏まれても……である。
 でも実はお得なMSなのである。なんたって強化パーツは4つ装備できるし、プラモは300円で1/144と1/250が2個セットだし。
 本格的な活躍はOVA[ガンダム第08MS小隊」でのみ見られる。ファン必見だ。
 
 
 『F&F完結編 DEEP FILE』、129ページ。「スーパーロボットコラム」の「イカスぞ! ボクらのボール!!」より。ちなみに、本書の発行(1999年)以降、ボールでリックドム6機を撃破する「バカがボオルでやってくる」が発表され、UGやHGでもプラモデルが発売されるなど、その地位は確実に上昇しつつあるようである。
 
 
 『第4次』の中でも1、2を争う最弱ユニット。あまりの弱さに怒りすら覚える。守ろうとは思わず、天国へ旅立つのを見守ってあげよう。
 

 『第4次Sを一生楽しむ本』、37ページ。ユニットデータではなく、組織情報の「エゥーゴ」の「主力戦力」の項目より。
 
 
 地球連邦軍の量産兵器。宇宙用の作業ポッドに、キャノン砲を取りつけただけの代物。こんなものに乗るように命令された地球連邦兵士には同情する。ボールでザクやドムとは戦えんだろーに。
 このシナリオでクリア時までNPCのボールが生き延びれば、ユニットとして入手できる。詳しいやり方は左ページを参照。
 もちろん全ユニット中最弱の性能。たとえ、アムロやカミーユのような一流のニュータイプが乗ったとしても活躍はできない。
 だが、強化パーツが4つもつくので、いいものを惜しまずに使えば……。やっぱり無駄か。
 
 
 『F完結編 DEEP FILE』、15ページ。シナリオ「ガラスの王国」の「キーワード解説」より。
 
 
  ついにボールが自軍ユニットに! だからどうしたという話もあるが、1年戦争チームを作るのには欠かせないね。次に欲しいのはジムかなぁ。
 

 『F完結編(プレイステーション必勝法スペシャル)』、209ページ。
 
 
 使い続けるとスパロボの悟りが開けるといわれている苦行のようなユニット。半分ホント。シナリオ「ガラスの王国」に登場するNPCを撃墜されないようにクリアすることで手に入る。苦労して手に入れた訳だし、売るのも何だから一応とっておきますか。まあ、人の勝手だけどねぇ〜。
 
 
 『F完結編を一生楽しむ本』、67ページ。
 

 最上段に戻る