バスク・オム 
 
 
  いつもは目立ちまくりのメガネの大佐だが今回はスードリで2度出撃するのみなので敵ではない。ジェリドのほうがよほど強敵だ。
 『プレイステーション必勝法スペシャル・α外伝』、307ページ。
 
 
 今までのシリーズと比べると能力値が全然低い。ほとんど一般兵と変わらないのでそれほど警戒はしなくてもいいぞ。最後もあっけなく死んでしまう。
 『64パーフェクトガイド』、97ページ。
 
 
  こちらはティターンズ結成後のバスク。能力値は変わらないが、平凡だったIDコマンドは超絶パワーアップしている。使われる前に倒してしまおう。でも、よく見りゃジャミトフはおろかジャマイカンまで信用してねーよこの人。
 『SDガンダムGジェネレーションDS完全攻略ガイド』、128ページ。

 「こちらは」は『ガンダム0083』のバスクとの対比、「ジャマイカンまで信用してねーよ」は、ジャマイカンとの間に相性補正がないことを示す(ジャミトフはパイロットとして登場しない)。

 ちなみに、ジャマイカンもバスクらに対する相性補正を持っていないため、お互い様であると言える。
 
 
  ジャミトフの腹心。一応、戦闘向きの能力値にはなっている。何気に底力を持っているが何を間違ったか搭乗機はスードリ。怖い相手ではない。
 『α外伝パーフェクトガイド』、298ページ。
 
 
 シロッコにえらそうな事を言っていたが全然すごくない。さくっと倒してしまおう。最終マップでシロッコに特攻してくれるのはうれしい。
 『The Playsttion Books・F完結編パーフェクトガイド』、204ページ。
 
 
 ティターンズのナンバー2。パラメータは結構高く、たまにMSに対しても攻撃を当ててくる。マップ上よりもシナリオデモへの出演に力を入れているようだ。
 『αコンプリートガイド』、343ページ。 
 

 最上段に戻る