表の見方  
 
 タイトル  書籍のタイトル。リンク先はAmazon。
 レーベル  攻略本のシリーズ名。
 発行  初版の発行日。元号表記のものは西暦に直している。なお、各書籍の並び順は、発行日の古い順である。
 構成  構成を行っている会社。攻略本の個性を左右する要素である。
 ライター  書籍を執筆したライター。本稿の主題が「コメントの面白さ」である以上、ある意味では最も重要な項目である。
 ページ数  ページ総数
 定価  書籍の定価。
 コメント  各種コメントの傾向。
 備考  攻略情報以外の要素。
   
 
 
 タイトル  第4次スーパーロボット大戦Sを一生楽しむ本
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  1996年4月10日
 構成  ジャングル・ファクトリー
 ライター
 岩屋清貴
 ページ数  144ページ
 定価  980円
 コメント コメントは、隠しキャラクターを含めたプレイヤーキャラとユニットにある。短いが面白いものが多い。
   
   
 
 
 タイトル  新スーパーロボット大戦
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  1997年2月1日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 平井太郎
 ページ数  144ページ
 定価  980円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。
 備考  地上編のあらすじ解説は『Gガンダム』、宇宙編は『Vガンダム』の次回予告風になっている。

 また、本作の敵オリジナルユニットには、データの細部や色の異なる「改」バージョンが存在するが、それらのデータは掲載されていない。
   
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦F
 レーベル  セガサターン必勝法スペシャル
 発行  1997年11月1日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 浅川直樹  平井太郎
 ページ数  128ページ
 定価  950円
 CD  敵味方混合で50音。NPC有。
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。
   
   
   
 
 タイトル  スーパーロボット大戦F 完結編
 レーベル  セガサターン必勝法スペシャル
 発行  1998年6月10日
 ライター
 平井太郎
 ページ  175ページ
 定価  980円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。
 備考  隠し要素は一切掲載されていない。また、「始まりと終わりが集う場所(1)」の解説(80ページ)のシャピロの位置の特定方法に誤りがある。
 
   
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦F完結編を一生楽しむ本
 レーベル  セガサターン必勝法スペシャル
 発行   1998年7月10日
 ライター  島田泰成 平井太郎
 ページ数  128ページ
 定価  1200円
 コメント  全ての味方キャラクターと大半の自軍ユニットにある。特に使えないユニットについては、それを使うこと自体を縛りプレイとして、妙なタイトルをつけているのが印象に残る。

 ケイブンシャ系の攻略本は、元々コメントが面白いものが多いが、その中でも本書はトップクラスに位置すると思われる。
 攻略  本書にはステージ攻略は掲載されておらず、隠し要素や世界観、用語集、インタビューなどが中心となっている。
   
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦エンサイクロペディア DC戦争編
 レーベル  頸文社
 発行  1988年10月30日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 岡安 学  平井太郎
 影山士郎  増田将介
 島田泰成  
 ページ数  256ページ
 定価  2000円
 コメント  コンセプトがコンセプトだけに、内容は意外とまじめである。光栄のゲーム事典的なものを期待すると、面食らうことになる。
 備考  本書は、『第2次』、『第2次G』、『第3次』、『EX』、『第4次』、『F』、『F完結編』の7作品を「DC戦争」という1つの事件として総括し、各キャラクターやユニットごとに、その間の動向をまとめている。

 また、『第4次スーパーガイド』や『F完結編を一生楽しむ本』などに掲載されていた用語集も1つにまとめられ、旧時代の『スーパーロボット大戦』の世界観の集大成と言える書籍に仕上がっている。

 ただし、その性質上、ゲームに関連した要素は皆無である。また、ハードカバーで読みにくいのも難点といえば難点である。
   
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦F
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  1999年1月11日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 平井太郎
 ページ数  128ページ
 定価  980円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。ただし、内容自体は、SS版の攻略本を手直ししただけのものがほとんどである。
 備考  SS版の攻略本と比較すると、マップ解説中のデータ表記に改善が見られ、格段に見やすくなった。ただし、内容そのものはほとんど変わらない。
   
 
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦F完結編
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  1999年4月30日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 島田泰成  平井太郎
 ページ数  256ページ
 定価  1280円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多いが、コメント自体はSS版の焼き直しである。ただし、SS版に掲載されていなかった隠しキャラ及び隠しユニットにもコメントがある。
 攻略  基本的なデータはSS版と変わらないが、後発だけあって隠しユニットおよび隠しキャラクターの情報まで掲載されており、攻略本としての価値はSS版よりもはるかに高い。
   
       
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦コンプリートボックス
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  1999年7月15日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 島田泰成  増田将介
 平井太郎  
 ページ数  288ページ
 定価  1400円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。カバーの裏表紙にも「シリーズで好評のエピソード解説記事も健在」と紹介されている。
   
     
 
 タイトル  スーパーロボット大戦64+リンクバトラー
 レーベル  NINTENDO64必勝法スペシャル
 発行  1999年12月5日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 島田泰成  増田将介
 平井太郎  
 ページ数  336ページ
 定価  1780円
 コメント  コメントは全ユニットとNPCを含む全キャラクターだけでなく、『リンクバトラー』のユニットとパイロットにもある。やはり、気の利いたものが多い。
 備考  『リンクバトラー』に関する詳細な情報がある。また、本書は256ページまでがカラーであり、257ページから272ページまでが赤、273ページ以降が青を主体としたモノクロページとなっているが、赤を主体とする個所は読みにくい印象がある。
   
 
 タイトル  サンライズ英雄譚を一生楽しむ本
 レーベル  ドリームキャスト必勝法スペシャル
 発行  2000年2月5日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 MZT  平井太郎
 ページ数  112ページ
 定価  1200円
 コメント  意外とまじめな攻略情報が多く、思いのほか、面白いコメントは少ない。
 備考  ストーリーモード、キャンペーンモードとも最終ボスの情報は伏せられている。
 
 
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦α
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  2000年7月10日
 ライター
 鈴木利宗  増田将介
 平井太郎  
 ページ数  432ページ
 定価  1480円
 コメント  鈴原トウジのコメント(310ページ)では「ついにジャージが僕らの仲間になるぞ」と妙なはしゃぎぶりを見せているのが印象深い。

 その他にもドズルとド=ズール(312ページ)を絡ませてみたり、ギルギルガン(431ページ)を「風物詩」呼ばわりしたりと、やはり相変わらずである。
 攻略  本書の最大の問題点は、攻略ページが書籍に対して横に掲載されていることである。そのため、攻略記事を読もうとすると、本を傾けなければならず、不便なこと、この上ない。
 
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦COMPACT2第3部:銀河決戦篇
 レーベル  ワンダースワン必勝法スペシャル
 発行  2001年2月15日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 佐藤栄作  増田将介
 ページ数  128ページ
 定価  1100円
 コメント  NPCを含めた全キャラクターと全ユニットにあり、面白いものが多い。
   
   
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦α外伝
 レーベル  プレイステーション必勝法スペシャル
 発行  2001年5月10日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 平井太郎  増田将介
 ページ数  416ページ
 定価  1500円
 コメント  キャラクターとNPCについては従来通りであるが、ユニットのデータは上段にパラメータ、下段にコメントを分割して掲載している。そのため、ユニットのコメントはデータ表のサイズに制限されなくなっており、分量も多い。

 その内容も原作での活躍やネーミングの由来などのウンチクまで多岐に渡っており、帯の「データだけじゃない!スパロボスピリッツあふれる熱いテキスト!」というアオリ通りの内容となっている。
     
     
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦α for Dreamcastを一生楽しむ本
 レーベル  ドリームキャスト必勝法スペシャル
 発行  2001年10月15日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 \A$  福与竜次
 千葉浩和  増田将介
 中野秀基  
 ページ数  512ページ
 定価  1800円
 コメント  相変わらずコメントは好き勝手に書いていて実に楽しい。個人的なハイライトは、VF-1A(S)ガウォーク(柿ア専用)のコメント(491ページ)あたりである。
 
 
 
 
 タイトル  スーパーロボット大戦A
 レーベル  ゲームボーイアドバンス必勝法スペシャル
 発行  2003年11月5日
 構成  山猫有限会社
 ライター
 亀石泰史  平井太郎
 北川 歩  増田将介
 吉川哲弥  
 ページ数  256ページ
 定価  1400円
 コメント  キャラクターとユニットにある。分類は作品別。傾向的にはユニットの方に面白いものが多い。