ゲーム内容

公式的なジャンルは「タップだけで遊べる放置スーパーインフレゲーム!」。本項の区分では「ステージクリア型RPG」であるが、「広告ゲー」に分類する。なお、ポイントサイトでは「勇者『入部したいです…』」というタイトルであるが、アプリのタイトルは『勇者帰宅部』である。ここはアプリのタイトルに従う。
  
 
目標

「承認待ち反映後、30日以内にステージ8旧校舎をクリア」。結論から言うと途中で放棄した。各ステージは数十の戦闘エリアに分けられ、10エリアごとにボスがいる。各エリアでは自動的に投入できるキャラクターが登場し、敗北するまで戦った後に再登場する。プレイヤーができることはキャラクターを強化することだけである。
   
 
具体的な手法

キャラクターの強化には資金が必要である。資金は敵を倒すことで自動的に貯まるが、動画を見る、ランダムに登場する宝箱を空ける、アイテム用の資金となるバッジを1日1回だけ交換することでも獲得することができる。

1レベルを上げるのに必要な金額が同レベルである場合、2人目の仲間のボランティア部が一番強くなった。ただし、彼女1人に資源を集中させても初見のボスには全く歯が立たず、勝てるまでレベルアップを繰り返すことになる。他のキャラクターを育てる必要や余裕はない。と言うよりも、たくさん仲間がいてもまともな戦力となるのが登場直後だけというのが実情である。

最初から投入できる勇者は能力が低く、全く役に立たない。ただし、一定レベルごとに特殊な効果を及ぼす「応援」を覚えるため、放置しておくわけにもいかない。特にレベル300の「気まぐれ定食(一定時間無敵)」、350の「陸上部代走(最大到達地点に新規のキャラクターを出現させる)」、レベル400の「チア応援(全員の攻撃力強化)」はボス戦に欠かせない。レベル200で覚える「天気予報(ザコを消す)」と合わせて使用することでボスに集中攻撃を仕掛けることができる。

アイテムのリセットボタンを押すと、仲間の人数を維持しつつ、戦力を上乗せして最初からやり直すことができる。レベルと資金は初期状態になるが、強い仲間を使えば序盤は一気に推し進めることができるため、総合的には戦力を強化しつつ楽に進めることができる。しかし、あっという間にアドバンテージはなくなり、結局進展は停滞することになる。
   
 
反省点

放置中に貯まった資金で適当にキャラクターを強化していけば何とかなると思ってはじめた。しかし、実はこまめに宝箱を回収し、動画を見て資金を貯めていかないと敵の強さに対して全く歯が立たず、先に進めない。

一定エリアを攻略するごとにワープポイントを設置することができる。これによってキャラクターが最前線に到着する時間を短縮することが可能である。ただし、敵を倒せる数が減り、さらに強い敵と戦うことで倒しにくくなることから収入は減少する。ワープポイントは解除することができるため、ボスに挑む場合にだけ利用し、通常は使わずに資金を稼いだ方が良いと思われる。

資金およびバッジの入手には広告を見る必要がある。しかし、広告ブロックアプリを入れたまま広告を見ると、広告を見ずに見た判定になることがある。これは非常に便利であるが、それでも停滞感は強かった。もしも広告を見なければならないとしたら、もっと早くに切り上げていたと思われる。
 
 
総評

30日弱でリセットを10回ほど行い、ステージ4まで行ったが、飽きたので放棄することとした。操作感覚は非常に快適で起動即ゲームがはじまるという点は高く評価することができる。しかし、データ的に能力が2倍になっても楽になった気がせず、定期的に強化とボスを撃破できるかどうかを確認するだけの作業となりがちである。
 
 
リンク

ポイントサイトのポイントインカム