ゲーム内容

公式的なジャンルは「次世代三国志アクションRPG」。本項では「オートRPG」に分類する。
  
 
目標

20日以内にプレイヤーレベル90到達。プレイヤーレベルはメインクエストや日常任務を達成することで上昇する。
   
 
具体的な手法

メインシナリオの第1章をクリアするとオートバトルが解禁される。第1章に関しては、片手間にタップしていてもなんとなかる難易度である。以降は基本的にオートバトルで進められるが、1ヶ所だけ、手動で投石機を動かし、敵を攻撃するというステージがある。ゲームを進めて日常任務が解禁されたら、これをやるだけでレベル50までは1日10レベルほど上がる。レベル70程度までは日常任務以外のことをする必要ないと言ってもいい。

しかし、レベル70あたりから、「兵士の訓練」に勝つことができなくなった。これをクリアしないと次の任務が出てこないため、メインシナリオを進めることとした。結局、1回目の壁となった訓練任務はどうにかクリアできたが、2回目はクリアできないままメインクエストを進め、そのままレベル90に達した。
   
 
反省点

デフォルトの状態で見るとレアリティの差が戦力に直結する。そのため、強制加入する大橋、次いでガチャで引いた董卓に育成リソースを投入した。しかし、突破には同一武将が必要というシステムの都合上、高レアリティの武将は突破ができないままゲームが進んだ。その結果、メインクエストの報酬として突破素材を大量に入手することのできる劉備の方が強くなった。劉備は最初からいるため、彼に全リソースを投入した方が良いと思われる。
 
 
総評

15日でクリア。メインシナリオは第7章まで進んだ。基本的にオートで進められるうえ、レベルアップも早く、気分的には楽であった。しかし、ゲームとして見た場合は処理落ちする場面が多い、武将の選択画面の派手な動きが目障り、話を進めるためにあちこちをたらいまわしにされるうえ、いちいちムービーが流れる、戦闘中にもムービーが挿入されてテンポが悪くなるなど、問題点が多い印象であった。