ゲーム内容

公式的なジャンルは「ゾンビサバイバルストラテジーゲーム」。本項では「拠点ゲー」に分類する。
  
 
目標

「10日以内に城レベル11達成」。承認待ちが付かず、直接承認が反映されるタイプである。そのため、実際にポイントが付くかどうか多少不安があったが、達成後まもなく承認された。
   
 
具体的な手法

チュートリアルは本編のミニゲーム的な戦闘システムを使って進展するが、冗長に感じられる。これが終わると本編に移行する。建設枠は課金通貨のダイヤを消費することで1枠追加できるため、これを利用して必要な施設を建築していく。

資源は鉄鋼が枯渇しやすい。しかし、案件内の期間であれば無理に採集を行わなくてもデイリーボーナスやイベントなどで賄える。ダイヤも様々なイベントでもらえるが、そのまま加算されるのではなくいったんアイテムとしてストックされるため、使うためにはアイテムを消費する必要がある。メインホールを11にランクアップさせる時点で加速アイテムは使い切っていたが、貯め込んだダイヤを消費して一気に終わらせることができた。
   
 
反省点

今回は気前よく資源と加速アイテムを消費することができた。おかげで条件を達成した際にアイテムが余ることもなかった。これは我ながら良い判断である。一方、戦闘が非常に冗長なため、積極的に手を付ける気にならなかった。これによってアイテムを入手する機会を逃したが、モチベーションの維持という点においては正解であったと思う。
 
 
総評

4日でクリア。このレベルであればスムースに終えることができる。よって資源の枯渇などでできることがなくなり、間延びするという同系統のゲームにありがちな悪印象は薄い。一方、戦闘関連はあまり良いとは言えない。同系統のゲームと同じようなマップ上の敵を倒す場合は自動的に処理してくれるため問題はないが、リアルタイムで個人や部隊を指揮するタイプは手動で指示を出さなくてはならず、オートにもできないため面倒である。

また、最近の拠点ゲーにありがちであるが、本作は施設の設置場所をある程度任意に選ぶことができる。設置時点で自動的に設置できる場所を指定してくれるため、場所で悩むことはないが、これに任せっきりになるとどこに何があるのかが分からなくなる。従来のように設置場所は固定にした方が施設の位置も覚えやすいと思われる。

本作独自の問題点としては、マップの広さに対してアイコンが大きめであるため、施設のアイコンが重なりやすく、チェックしたい施設とは別の施設をタップしやすいことがある。総じて見た場合は案件としては優良であるが、ゲームとしては合わないと感じられた。
 
 
リンク

ポイントサイトのポイントインカム