ゲーム内容

本項では「ステージクリア型RPG」に分類する。
  
 
目標

この案件はミッション形式である。レベルアップ、課金、高ランクのキャラクターの獲得人数で報酬を得られる。途中で期間の延長があり、最終的には60日以内に橙ランクのキャラクター6人を揃えることが最後のミッションの条件となった。

これについて重要なことは3つある。1つ目は最高ランクの赤ではなく第2位の橙を揃えれば良いこと、2つ目は赤と橙はガチャで直接出ないため、第3位の紫から進化させていかなくてはならないことである。3つ目は、獲得人数は延べでよいため、同時に6人を確保する必要はないこと、つまり、成長をリセットさせて再進化させても人数にカウントされるということである。
   
 
具体的な手法

最初から紫ランクのキャラクターは必要な人数を確保する手段が限られており、逆に橙への進化が難しくなっている。そのため、確保しやすい青ランクのキャラクターを紫、橙へと進化させた方が効率的である。初心者用任務で成長させやすいハープ、進化素材として特定のキャラクターを要求されるが、橙に進化させる際、紫のキャラクターの要求が少ないポルとフィービーが育成の有力候補となる。

2023年3月23日の段階では上記の3人に加えてザオ、シャーロット、ハープ、クラトス、ドライファス、サミュエルらが青から橙まで育てられるキャラクターである。ガチャやショップの状況から育てやすいキャラクターを選別していく。ただし、進化には当人以外にも複数のキャラクターを消費しなければならない。メイン画面右下の「裏通り」から行くことのできる「灰色の市場」の「進化」で進化に必要な情報を確認することができる。

各施設はレベルアップとともに解放されるため、特に序盤はレベルアップを最優先したい。戦闘マップ下部の「素早く探索する」は、数時間分の報酬を得られる。1日1回は無料、ダイヤを消費することでもう1回行えるため、序盤のうちは1日の最初のプレイ時に行うと追加されたコンテンツに時間を割く余裕ができる。

キャラクターを破棄すると、はショップのキャラクター購入用の資金に変換することができる。青は100、紫は500であるため、紫のキャラクターを作るのに青のキャラクターが6人以上必要となる場合は、青のキャラクターを直接廃棄した方が効率的である。

今回は突然「stellar compensation」というメールが送られてきた。アップデートに伴う補填であるらしい。付属の「上級のねじれた砂時計」は限界突破を終えた橙のキャラクターの成長をリセットできるというものである。これを使ってハープ、ポル、フィービーの3人の成長をリセットして再進化し、延べ6人の橙のキャラクターを入手した。しかし、このアップデートは新機能を追加した大規模なものであり、再現性は低い。これから「上級のねじれた砂時計」頼りで案件をはじめるのは難しいと思われる。
   
 
反省点

本作では周期的に特定の施設を利用した回数で報酬がもらえるイベントを開催している。施設の使用回数回復アイテムやタスクの更新アイテムなどは、このイベントに合わせて集中的に投入するべきである。通常はデイリー用に最低限の回数を行うだけでよいと思われるが、それに気づくまでの間、常に高ランクのタスクを出そうとしてアイテムを浪費し、イベントをこなしきれないということが何度かあった。

上述の通り、ガチャで直接上位ランクのキャラクターを入手することはできない。長い間それに気づかず、ダイヤモンドをガチャに費やしていた。また、これによって所持限度を超えたキャラクターを廃棄したが、後に他のキャラクターの進化で必要になることがあった。これらのことからすれば、ダイヤモンドは保有枠の拡大に消費するべきであった。

本作にはチケットで10連ガチャをしても回数の割引などはない。よってチケットを入手したら逐次的にガチャを回しても問題はない。これに気付くのに多少時間がかかり、高レアキャラを入手するのが遅れた。ダイヤモンドを消費する場合は9回分のコストで10回引くことができるが、それでもショップでチケットを購入した方がレートは良い。通常は1回で250、割引で225、ショップでは200となる。

ゲームセンターでは、10連ルーレットを8回分のチケットで行える。こちらは貯めてから行うべきである。VIPレベルを上げるか、レベル60まで上げないと行えないが、温存しておいた方が良いと思われる。

ただし、初心者用任務で施設の利用を求められる場合は、そちらの方を優先した方が良い。B.C.P.Dの青任務以上をこなすという初心者用任務は、更新することで任務をリセットすることができるため、アイテムを消費してでも紫のハープの入手を早めるべきである。
  
 
総評

レベル45達成は4日、条件には入らないが1人目の橙ランクは6日目(ハープ)、2里目の橙ランクは24日(フィービー)、3人目の橙ランクは31日(ポル)、42日目に3人の育成をリセットし、再進化を行うことで一気に6人の橙ランク達成を終えた。レベルは95、マップは13-30をクリアできずに終わった。

良い点も悪い点も、同系統のゲームと共通している。すなわち、序盤のうちはレベルがどんどん上がってできることが増え、初心者用任務でキャラクターやアイテムが入手し放題なうちは楽しめるが、これを終えると急激に停滞感が強くなり、やる気がなくなるということである。

また、戦闘アニメーションの問題がある。施設の夜明けの映画館の戦闘は、戦闘そのものをカットすることができる。これは非常に快適であるが、その他の施設ではいったん戦闘に入らないとスキップができず、マップ上の戦闘は早送りにするだけでスキップができない。すべて夜明けの映画館と同じ仕様にできれば非常に快適なゲームになるはずなのに、それをしないことが理解できない。

細かい点でもストレスになる要素がある。まず、キャラクターの進化は直接キャラクター画面で行うのではなく、いったん町の施設に移る必要があるため、いちいちロード時間が挟まる。本作のロード時間は全体的に短く、これは評価点と言えるが、編成画面で進化できるようにしてもらいたかったところである。

さらに、本作にはキャラクターのロック機能と課金通貨を消費する際の確認画面がない。そのため、うっかりと育てたキャラクターを消費したり、ダイヤモンドを無駄遣いしたりする可能性がある。特にガチャを連続していると、コインを全て消費したままダイヤモンドまで消費してしまうことがあるため、より注意する必要がある。
 
 
リンク

ポイントサイトのポイントインカム