ゲーム内容

公式的なジャンルは「歴史戦略シミュレーションゲーム」。本項では「拠点ゲー」に分類する。
  
 
目標

「承認待ち反映後、30日以内にプレイヤーレベル18到達」。プレイヤーレベルはミッションをクリアすることで上昇する。
   
 
具体的な手法

画面左下のミッションをひたすらクリアしていく。加速アイテムや課金通貨であるゴールドも大盤振る舞いされるため、全てのミッションで使い続けることさえできる。表示されるミッションは1種類に見えるが、副官の顔をタップすると、現在のミッションを確認することができる。敵を倒すミッションは移動時間を省略できずに時間がかかるため、建築や戦力の増加を優先する。

本作は、建築物を移動させることができる。また、道路に面していないエリアに建築物を建てると昇進ができないというルールがある。道路は建築で拡張することができるため、必要に応じて道路の拡張や建築物の移動を行いたい。
   
 
反省点

ミッションで得られる経験値は完成までの時間とは関係がなく、設定されたランクごとに固定されているようである。それに気づかず、司令部などの時間がかかる施設の昇進を優先したため、ゴールドなどを無駄に消費することになった。これについては、地道に現在できるミッションを達成して言った方が効率的であると思われる。
 
 
総評

3日でクリア。司令部のレベルは18まで上げたが、経験値の効率的には最悪だった。今回は、豪快に加速アイテムやゴールドを無尽蔵に使うことができた。この手のゲームとしては新鮮な体験である。しかし、常に処理落ちがかかっているかのようにもっさりとしており、レスポンスは劣悪である。そのため、アイテム取得時などの演出なども時間がかかるように感じられる。さらに、新兵器の開放や指揮官の登用などのムービーを飛ばすことができず、終わるまで操作を手放すしかない。総じて案件としては短期間で終わるために良好であるが、ゲームとしては続ける気が起きないということである。