ゲーム内容

パズルゲームに分類される。本稿では「広告ゲー」とする。
  
 
目標

「30日以内に最強の王者達成」。「最強の王者」はスコア100万で獲得できる称号である。今回は約98万に達したところで条件達成となったが、実績ではしっかり100万点を取っている扱いになっていた。これについてはよく分からない。
   
 
具体的な手法

基本ルールは、隣り合うパネルが同じ数値か足して10になると消すことができるというものである。すでに消しているパネルは跨いでも隣同士と見なされる。ここで気を付けるべき点は、行をまたいでも隣り合っていると認識されることである。例えば、2行目の右端が2、3行目の左端が8ならば、それは隣り合っていると見なされ、消すことができる。

初期設定でバイブレーションが入るため、うっとうしいようであれば「設定」でオフにしておく。設定画面はゲーム画面の右上の「‖」をタップ、左側の家のマークでメイン画面に戻るため、そこから画面下部の歯車のマークから入ることができる。

ゲームのモードは4種類あるが、「更新」でスコアが最大8倍になる「ダイナミックモード」を選ぶ。当初は「更新」が表示される箇所は「追加」になっており、「現在残っている数字」がランダムに追加される。「現在残っている数字」が本作の肝である。つまり、1から9が残っていればそのすべてが追加されるが、5しか残っていない場合は延々と5だけが追加される。この状態になったら、後は作業となる。なお、5を推奨するのは、5だけが2倍のスコアを得られるためである。

数字を1種類にする方法であるが、画面下部にある「爆弾」と「交換」を利用する。詰まった時は「追加」を選ぶことになるが、増やし過ぎると泥沼になる。どうしようもなくなった場合は、ゲーム画面の左上の「‖」をタップ、左側のアイコンからやり直すことができる。ただし、スコアも0になるため、最後の手段と見なすべきである。

うまく行を消していくと「追加」が「更新」に変化する。「更新」はスコアがランダムに2倍から8倍までのいずれかの倍率となり、再び「更新」が「追加」に戻る。上記のように数字を1つだけにしていれば、その数字だけが追加されるため、後は行を消す作業して「更新」、「追加」して行を消す作業を繰り返す。

更新の際には動画を見なくてはならない。しかし、広告ブロックソフトなどを解除して動画を見られるようにしても広告が見られない時がある。何度もタップすると広告がはじまる場合もあるが、どうしても広告が見られない場合は、ゲーム画面の左上の「‖」の中央の矢印で動画を見ると更新の動画も見られるようになることが多い。何故なのかはわからない。
   
 
反省点

ルールを理解するのに多少時間がかかった。特に行をまたいでも隣接していると認識されるというシステムは分かりにくかった。また、すべてのパネルを消せば良いのかと思ってやってみたが、これをするとスコアがリセットされ、最初からやり直しになるためやってはいけない。あくまでも「追加」と「更新」を続けることが重要である。

本作の横1列は9マスである。しかし、パネルは2個ずつしか消せないため、横1列を消そうとすると1マスが余り、一気に消すことができない。縦1列を先に消し、残りの8マスを横に消すと1回の作業で1列を消せる。ちなみに、縦1列ごとに消していくと、最後の列はパネルを2個ずつ消していくことになるため、効率が悪い。
 
 
総評

9日でクリア。実績で確認したところ、実際にかかった時間は約216分であった。パズルとしての発想は悪くないと思うが、「追加」のシステムが根本的にゲームを破綻させている。これも広告を視聴させるためのゲームという認識で間違いない。