ゲーム内容

公式の説明では「ビンゴゲーム」。本項では「カジノゲー」に分類する。
  
 
目標

「30日以内にユーザーレベル50到達」。ユーザーレベルはビンゴを行うことで得られる経験値によって上昇する。経験値はビンゴを揃えるだけでなく、正解のパネルをタップすることでも得らえる。逆に間違ったパネルをタップすると経験値が低下するものの、低下する数値は微小である。
   
 
具体的な手法

ビンゴをやるためには資金が必要である。ビンゴでもある程度は回収できるが、ほぼ確実と言って良いほど赤字続きとなる。資金はログインボーナスやレベルアップのほか、食品製造と配達、カードコレクションや各種イベントなどで獲得できるため、行えることは手広くやって資金を稼ぐしかない。最後の手段は動画を見ることで1回につき30手に入る。

本作はオート機能などは一切ないうえ、ビンゴ中は時間制限があるため、常に貼りついていなければならないことはあらかじめ覚悟しておく必要がある。ビンゴは最大4枚までシートを確保することができる。当選する確率とジグソーパズルのピースを得られる確率が上がるため、常に4枚ではじめるべきである。また、レベルを上げると掛け金を上げて報酬を増やすことができる。これも最大値まで挙げておいた方が良い。これらができない場合は金策を優先するべきである。

ゲーム開始直後はアイテムの効果で当選したパネルが点滅するため、それをタップしていけばよい。しかし、間もなく効果が切れるため、後は自分でパネルを探さなくてはならない。抽選される数字の縁の色はシートの楯列に対応しており、パネルは必ず左から右に数字が大きくなるという法則性がある。特に一桁代は絶対に左端、70番台は必ず右端となる。

ビンゴの報酬としてジグソーパズルのピースを得られることがある。これを揃えると資金を獲得することができる。獲得資金は必ずしも先のステージほど良いというものではないため、無理に先に進むよりは、報酬の良いステージで粘ってジグソーパズルを完成させた方が効率的である。なお、ステージの開放はユーザーレベルによる。また、メインとなる各都市をモチーフとしたビンゴの他に、特定のテーマに沿ったビンゴもあるが、メインのビンゴだけで十分であると思われる。
   
 
反省点

上述の通り、初期はアイテムの効果でタップするべきパネルが分かるが、一定時間たつと効果がなくなる。しかも、効果がなくなったという説明はなく、そもそもアイテムの効果でパネルが光るという説明はないか、あるいは気付かなかった。そのため、状況を理解するまで資金と時間を無駄にした。

本作の課金通貨は「ダイヤモンド」であるが、いまいち適切な使い道が分からなかった。ビンゴ終了後、ダイヤモンドを消費することによって追加で1パネルを空けることが多かったものの、それでビンゴが成立することはめったになく、無駄なあがきにしかならなかった。「ボーナス」の「ラッキークッキー」で「すべて反転」を購入するのが良いような気もするが、それに気付いた時には、すでにダイヤモンドが足りず、試してみることはできなかった。

タウンのレベルを上げていくと、「グルメ・ルーレット」ができるようになる。これは食材を消費してルーレットを回せるものである。選択画面を見るとかなりの資金が手に入るように見えるが、あくまでも最大値であり、実際に手に入る資金はもっと少ない。これをやるくらいであれば、素直に食材を調理にまわした方が良いと思われる。
 
 
総評

29日でクリア。ポイントが付かず、31日目に問い合わせをした。その日のうちに判定結果は無効となったが翌日にはポイントが付くという忙しい展開となった。ゲーム的にはビンゴのパネルを延々と手動で行うことになる。しかし、プレイヤーの介入によって展開が有利になるということはなく、淡々と指定されたパネルをタップするだけの単純作業を繰り返すことになる。

さらに、ビンゴが当たる可能性は低く、常に手動を強いられることと合わせて徒労感が甚だしい。それに加えて常に資金不足に悩まされるため、、ビンゴをするためにミニゲームをやって資金をかき集めるという世知辛い展開になる。全体的に盛り上がりに欠け、セコセコとした印象を受ける。せめてビンゴはオートで進めるようにするか、ビンゴによる資金回収率を高め、サブイベントにまで手を出すと資金が足りなくなるという程度のバランスを保っていれば、もう少し印象も良くなっていたと思われる。
 
 
リンク

ポイントインカム お金がたまるポイントサイト