戦国夢幻

   シナリオ5 関ヶ原前夜 1598年8月  


●引き抜きやすい武将 
武将名 所属 身分 成功率 戦闘 内政 外交 謀略
有馬晴信 鍋島家 与力 15
大久保忠隣 徳川家 重臣 10
大村善前 鍋島家 与力 10
可児才蔵 福島家 剣豪 10
吉川広家 毛利家 家老 10
相馬義胤 上杉家 与力 10
竹中重門 織田家 与力 10
本庄繁長 上杉家 家老 15
本多正信 徳川家 奉行 10
前田慶次 上杉家 剣豪 10
竜造寺高房 鍋島家 与力 10
やや引き抜きやすい武将
武将名 所属 身分 成功率 戦闘 内政 外交 謀略
秋上久家 毛利家 重臣 8

●総評

 「引き抜きやすい武将」は上杉家(相馬義胤、本庄繁長、前田慶次)と鍋島家(有馬晴信、大村善前、竜造寺高房)に3人ずつ集中している。鍋島家は、東国から引き抜き要員を向かわせるほどではないが、上杉家の武将の質は高い。

 特に本庄繁長は「戦闘」が「A」であるうえに、身分も「家老」まで昇進しており、遠方からでも引き抜き要員を派遣する価値がある。「内応」要員の質が突出している真田家や、上杉家と隣接している伊達家ならば、効果的に「内応」を行うことができるはずである。ただし、真田家の知行自体はあまり高くないため、引き抜いた後に与える知行のことを考慮する必要がある。

 徳川家の本多正信も、「内政」と「外交」に軍師補正を持っており、引き抜ければ役立つことは間違いない。しかし、徳川家の本隊に取り込まれがちであるため、「謀略」の高さによる「危険度」の補正と恒常的な軍団編入のために引き抜きの危険性が高くなっている。


 ページの最上段に戻る
_