秋の収穫
 税率  
 税率  対石高  備考
 微税  0  
 軽税   10%  
 平税  20%  
 重税  30%  
 「布告」コマンド 
 コマンド  対石高  備考
 検地  10%  解除不可
 刀狩  10%  解除不可
 コマンド  対収穫高  
 動員  半減  解除可
 「内政」コマンド  
 コマンド  対石高  備考
 開墾  最大25%  従事している武将がいる場合
 イベント
 イベント名  対収穫高  備考
 豊作  2倍  
 台風  減少  1日につき20%
 旱魃  減少  1日に付き10%
 凶作  半減  
_
 
●補足事項

「対石高」は、城の石高に対する割合。その割合が直接収穫高になる。「対収穫高」は、収穫高に対する割合。「微税」の項の「対石高」が「0」になっているのは、基本収入が「0」であることを示す。

攻略本』の25ページには「開墾中の武将がいると、収穫高が25%多くなる」という記述がある。しかし、「微税」によって基本的な収穫高が「0」の状態でも、「開墾」をしている武将がいると収穫高は増えるため、これは「石高の25%」の誤りなのではないかと思われる。

「備考」欄の「解除不可」は、実行した場合解除ができなくなることを示す。「動員」の「解除可」は、解除することができるが、解除しても、その年の収穫は半減する。これは期間とは関係なく、一瞬だけ「動員」をかけてすぐに解除しても、一年間「動員」をかけたものを解除しても、収穫量が半減することに変わりはない。
 
 
 月収支
 町の規模
 規模  楽市なし  楽市あり  備考
 1  500    
 2  1000  400  「切支丹」実行時のみ可能
 3  1500  1000  
 4    2500  
 5    5000  
 金山による収入
 規模  収入  備考
 金山  5000  金山保有城
 銀山  2500  銀山保有城
 「内政」コマンド
 コマンド  対商業  備考
 商業  最大25%  従事している武将がいる場合
 支出
 支出  備考
 軍団の維持  1日につき1人あたりの維持費10石。1万人で1000石
 傭兵の維持  1月につき1人あたりの維持費0.5石。1000人で200石
 
●補足事項

楽市」は、町の規模が「3」の城でしか実行できないが、「切支丹」実行時に町の規模が「1」の城がある場合、「楽市」状態の町規模「2」の城が生まれる。もっとも、収入が低下するだけであり、メリットは全くない。

「金山」と「銀山」はアイコンで分類しており、現実の金山と銀山の区分とは関係がない。また、これらは月収入に直接プラスされるが、「内政」コマンドの「商業」による補正は受けない。そのため、理論上の月収入の最大値は、傭兵が「0」の状態で町規模「5」の「5000」、「商業」の補正による「1250」、金山の「5000」を合わせた「11250」ということになる。