ハンドブック紹介

 

_
   元朝秘史 ハンドブック(商品購入ページへのリンク)  
_
__
基本データ

初版発行 1992年11月15日
ページ数  192   定価  1860円
執筆 ・怪兵隊
・与志田拓実
・飯間弘明
・光栄出版部
イラスト ・岸井勲
・木村彰秀
総合評価 ★★★
理解度 ・SFC版、PS版未クリア
参考資料 ・「スーパーガイドブック
_
_
本書の構成

ページ タイトル 内容
1 ・(総扉) _
2〜3 ・目次 _
4〜16 テムジンからチンギス・ハーンへ _
17〜48 第一章 草原の狼 ・基本システム
49〜60 グラビア 狼たちの世界帝国 _
61〜80 第二章 遙かなる大地 ・気候、商人
81〜96 第三章 夜の帳の中で ・オルド
97〜128 第四章 世界征服への野望 ・兵科、文化圏
129〜160 ユーラシア戦場大事典 _
161〜191 元朝秘史◎人物名鑑
192 ・奥付 _
各所 コラム _
・(人物名評選 _
・(名言・迷言集 _
・(注釈 _



●備考

 各項のリンクは、その詳細解説のページにつながる。また、各項のタイトル部分のリンクは、上述の表に戻るためのリンクである。なお、目次に掲載されていない項目については、( )をつけて便宜的な区分とした。
_
_
構成比率

内容 頁数 比率 主な構成要素
システム 40 20% ・第1章、第2章、第3章
データ 33 17% ・ユーラシア戦場大事典
人物 31 16% ・元朝秘史◎人物名鑑
地勢 27 16% ・第2章、第4章
読み物 26 13%  _
グラビア 24 12%  _
その他 11 5%  _
合計 192 99%  _



●備考

 小数点未満は切り捨てたため、「比率」の合計は100%にならない。 『ジンギスカンハンドブック』に劣らず、ゲーム外の読み物部分が充実している。しかし、『ジンギスカンハンドブック』の大きなウリであった地勢の詳細な解説がなく、味気ないデータの紹介に留まっている。

 人物名鑑は、『ジンギスカンハンドブック』の「人物事典」に相当するが、后以外の全人物の略歴とデータが紹介され、格段に情報的価値が増した。しかし、后に関しては、一切の情報が掲載されていない。

 システム面では、オルドが複雑化したこともあり、それに一章が割かれているが、全体的なページ数は減少している。ただし、これは『ジンギスカンハンドブック』の方が、やや冗長であったこともあり、良い感じにシェイプアップされていると感じられる。
_
__
総合評価 ★★★

 多くのデータを「スーパーガイドブック」から引用していることからも分かるように、本書のゲーム的な情報の密度はあまり高くない。一方、グラビアやコラム、歴史的背景の解説、人物事典など、歴史面に関する情報は充実しており、読み物としての価値はある。基本的には、ゲームの情報よりも、その背景の把握に向いた書籍という印象を受ける。
_
_
 ページの最上段に戻る                           シリーズ一覧表へ
_